2016年1月9日土曜日

新作『終わり』京都公演に関する情報







































2015年に上演された村川拓也の二作目となるダンス作品『終わり』。
今回の作品は同作品を新たに作り直した、フルバージョンの新作。

出演の倉田翠と松尾恵美はこれまで共にいくつものダンス作品を作ってきた。
演出の村川は彼女たちがかつて踊ったダンスを再現する事から始める。
それは彼女達の記憶の中に残るかつての振り付けと、
その時の彼女たち自身の葛藤や選択をもう一度ドキュメントする行為となるだろう。


日時|2016年3月25日(金)19:00
         26日(土)19:00 
         27日(日)15:00 
                     ※受付、開場は開演の30分前。

会場|アトリエ劇研(http://gekken.net/atelier/

料金|一般 前売:2,300円/当日:2,500円
   学生 前売:2,000円/当日:2,500円

チケット予約|MAIL rakawta@gmail.com 特設HP http://owari-end.jimdo.com/
       ※劇場ホームページからも予約可能です。

問合せ|制作  トヨヤマ
            rakawta@gmail.com
            070-6925-5835

主催:村川拓也
共催:アトリエ劇研
助成:公益財団法人セゾン文化財団
(KYOTO EXPERIMENTオープンエントリー作品)





2015年10月13日火曜日

山形国際ドキュメンタリー映画祭02

『風の波紋』監督:小林茂、『青年☆チャオ』監督:ドゥ・ハイビン、『テラキスの帰郷』監督:サーユン・シモン、『銀の水ーシリア・セルフポートレート』監督:オサーマ・モハンメド、ウィアーム・シマヴ・ベデルカーン、『THE COCKPIT』監督:三宅昌、『ラスト・タンゴ』監督:ヘルマン・クラル、『真珠のボタン』監督:パトリシオ・グスマン、『ハリケーンの子どもたち』監督:ラヴ・ディアス、『城壁と人々』監督:ダリーラ・エッナーデル、『女たち、彼女たち』監督:フリア・ペッシェ、『ディスタンス』監督:岡本まな、『チリの戦い三部作』監督:パトリシオ・グスマン、『ホース・マネー』監督:ペドロ・コスタ、『オリジナル/コピー』監督:フロリアン・ハインツェン=ツィオーブ、ゲオルグ・ハインツェン、を観た。観過ぎだ。Ameetというウェブマガジンに今回の映画祭のレポートを書く予定があるから、またあらためてそれぞれの作品について書いてみようと思う。小林茂さんの宴会にも呼んでもらえたし、小林さんと喫茶店でさしで話をすることも出来たし、なんというかいきなりいろんなものを観たり聞いたりしているので嬉しい。緊張した。倉田剛さんの話もおもろかったな。木村光君にも会えたし、木村君は京都でドキュメンタリー映画祭の開催を本気で目論んでいるようだった。今日観たペドロコスタの新作では、手を震わしたおじいさんが手紙を書いて病院と事務所を徘徊して、エレベーターに閉じ込められていた。川端君とカフェで飲んだ。川端君はチャイを二杯飲んでいた。今日はラーメンを食べにいった。














2015年10月9日金曜日

山形国際ドキュメンタリー映画祭01

山形国際ドキュメンタリー映画祭に来ている。今日は開会式とマノエル・ド・オリヴェイラ『訪問、あるいは記憶、そして告白』を観た。この映画はオリヴェイラ自身が自分が死んだ後に上映するように言付けてシネマテーカ・ポルトゲーザに預けられていた作品で、家の映画だった。家のなかには誰もいなかった。その人が死んだ後にしか観れへん映画なんか観た事なかった。死んでから始まるんや、というような事を映画の中で本人が言っていたと思う。映画が始まる前のロビーで秦さんと小林さんと再会することができた。小林さんにエヴェレットゴーストラインズVer. Bの感想を聞けて嬉しかった。川端君と初孫という山形の酒を飲んだ。川端君は桃のジュースを飲んでいた。




2015年9月14日月曜日

韓国・光州 Asia Cultuer Center Theatere Opening Festival 04

今日はKyohei SakaguchiさんのゼロツアーとKim Song Hwan/David Michael DiGregoro『A Woman Whose Head Came Out Before Her Name』を観た。これまで観た作品の中でも坂口さんがやっていることはとにかくシンプルでよく解った。なにをやるにしてもシンプルなのが一番いい。




















2015年9月13日日曜日

韓国・光州 Asia Culture Center Theater Opening Festival 03

Zan Yamashita『Daikoushin』、Tsai Ming-liang『It's Dream』、Raya Martin『How He Died is Controversial』、China National Peking Opera Campany『Legend of the Red Lantern』、Masao Adachi『Artist of Fasting』を観た。クロードレジの室内チームと会って、久しぶりに大庭さんと大いに呑んだ。朝方、Zero Hotelに帰ってくると玄関が閉まっていて中に入れず、玄関が開くまでコンビニで寝た。そういえば焼き肉に行った。足立正生の新作映画の上映では、足立正生とスカイプで上映前にトークする企画があった。足立正生はワインを呑みながらタバコを吸って、ハローと言っているだけだった。ツァイミンリャンの映画は15分くらいの短編で、登場人物がマンゴーみたいな木の実と梨が三つ刺さった串を食べてた後に、歯に詰まった梨を串でとっていた。